27971888_783481871851751_5969433823709650838_n淡雪のいちご沢山入荷しました。 デザートに使用しますよ!! ご来店お待ちしております。

本日の前菜 

IMG_0972野菜のテリーヌ ジェノバソースでどうぞ

 

年末年始の営業のお知らせ

いつもル・ヴェルデュリエ(Le Verdurier)をご利用いただきまして誠にありがとうございます。

年末年始の営業のお知らせになります。

12/28(木)から1/4(木)までお休みとなります。

新年は1/5(金)から通常営業となります。

来年も皆様にとって良い年になるようお祈り申し上げます。
どうぞよいお年をお迎えください。

2周年イベント開催(11/9〜11/16まで)

ル・ヴェルデゥリエとル・リールは、11月11日に2周年を迎えます。

日頃の感謝を込めまして、2周年イベント開催しております。ぜひ、お越しください。

イベント詳細PDFはこちらから

スクリーンショット 2017-11-13 19.53.23

6月の休業日のお知らせ

いつもル・ヴェルデュリエをご利用いただきありがとうございます。

下記の日にちをお休みさせていただきます。

************************************************

6/1(木)   6/5(月)6/14(水)6/22(木)6/28(水)

************************************************

ご予約・お問い合わせについては、 営業日に

お電話にて直接お問い合わせください。

TEL :  03-6447-4394

ル・ヴェルデュリエ 今週のメニュー

Dinner COURSE A (コースA)¥6,000

●賀茂茄子、冬瓜のコンポートとハモ・帆立の梅干、昆布、トマトのゼリーがけ

●鮎の塩焼き、リエット、ポロ葱のマーブル仕立て、スイカの小さなガスパチョ添え

●イサキのポワレタイム風味 ジャガイモのギャレット添え

又は

近江牛のステーキと赤ワイン煮ハチミツ風味

●ココナッツとパッションのフルーツムース

桜が届きましたよ

先週金曜日 3/17にお店のエレベーターホールに桜が届きましたよ!

昨日21日に東京靖国神社の桜が開花しましたが、こちらもふんわりした

桜が咲いています。 ふわっと華やぐような安らぐような気持ちにさせてくれますね。

みなさん、見に来てください! お料理も、見て華やぎ、味わってやさしい気持ちになりますよ。

桜エレベーターホール

3月の休業日のお知らせ

 

いつもル・ヴェルデュリエをご利用いただきありがとうございます。

下記の日にちをお休みさせていただきます。

************************************************

3月1日(水),8日(水),15日(水),22(水)

************************************************

ご予約・お問い合わせについては、 営業日に

お電話にて直接お問い合わせください。

TEL :  03-6447-4394

『恋人たちに贈るスペシャルデザート』

「甘いの好きやないさかい、そやなあ、砂糖でごまかすんでなく、

いいチョコ使ってるから香りが豊かやし、作り手の愛情かなあ。」

 

このガトーショコラ、しっかりと詰まっていて男性的な存在感がある。

このガトーショコラに合う赤ワイン、ソムリエに相談なさって楽しんでみては。

例えばシャペルドポタンサック。

 

見た目には濃いココア色と透明感のある赤のコントラストの強さがあるが、

口の中に含むと、溶け合って互いを引き立て合う。飲みこんだ後もチョコの余韻も残る。

 

この赤ワイン「マリアージュ」というそうだ。相思相愛という意味だそう。

チョコには媚薬が入っているといわれているが、

このスペシャルデザートとマリアージュがあれば、恋を上品にスムーズに進めそうである。

20170213恋人たちに贈るデザート

大人の恋を

大人の恋を

ヴェルデュリエの扉はフランス古城で使われていたもの

クールな紳士が訪れ、

チャーミングな女性がドレスの裾を揺らしながら迎え

ロマンチックな恋を楽しんでいたことでしょう。

さあ、あなたも赤ワインのような勇気と

シャンパンのような軽やかさで

 

恋につながる

恋のときめきを思い出す

お二人でヴェルデュリエの扉を開きませんか?

20170209ヴェルデュリエ扉

ご予約時にどうぞお好みをリクエストなさってください。

TEL:03-6447-4394

Message
Message

ル・ヴェルデュリエの語源はヴィネガーとハーブの管理人です。[br] 現在は意味も広くなり野菜栽培者と和訳されています。[br] 私はヴィネガーやハーブ、スパイスをふんだんに使い素材の持ち味を引き出す料理を[pbr]14年間、お客様にお届けしてきました。[br] もちろん、野菜だけでなく四季折々の時期に合わせジビエなど肉にも、[pbr]魚にもこだわり続けてきました。[br] 決められた定番の料理だけではなく、その時の、食材を慈しみ「無駄なく、無理なく」[pbr]今、目の前にある素材と対話しながらどう料理するのが良いのか?[br] 出来上がった料理を、お客様に心より美味しそうに、嬉しそうに召しあがっていただくには[pbr]どうしたら良いのか?[br] それだけを愚直に考えて調理しています。

小林 浩一

京都生まれ、京都育ち。[br] 調理師学校卒業後、後進の指導力を見込まれフランス料理の教鞭をとる。[br] その後、パリ及びフランス・ロワール地方のミシュラン一つ星シャトー[pbr]ダルティニ、二つ星デュケノアで修行。[br] 1990年 パリで生涯の師と仰ぐ菊乃井主人:村田吉弘氏とTBS「ギミ[pbr]ア・ぶれいく」で共演。[br] 帰国後、京都の名店フランチレストラン:レ・シャンドールのシェフ田島[pbr]福廣氏に師事。[br] 2001年 東京都大田区でル・ヴェルデュリエをオープン[br] 2015年 姉妹店ル・リールとともに千駄ヶ谷に移転。

Menu
店内のご案内 店内のご案内
東京にいながら、四季折々の自然と触れ合う事の出来る新宿御苑。[br] そこから徒歩3分。[br] 日本の伝統芸能の一つである国立能楽堂の目の前に、ル・ヴェルデュリエはオープンいたしました。[br] 地下への階段を下りていただき、一つ目の扉を開けるとお客様の笑顔あふれる姉妹店ル・リールが[pbr]ございます。そして、その奥にある17世紀のフランス古城のドアを開けてみてください。[br] [br] フレンチレストラン Le Verdurier(ル・ヴェルデュリエ)にようこそ。[br] [br] そこには、皆様をワクワクさせる空間が広がります。[br] 以前から愛され続けたカウンターの6席は、新たに、お食事前のウエイティングバーとして、[pbr]21時以降はシェフ小林の手料理を目の前で気軽に楽しめるワインバーとしてご利用いただけます。[br] そして、エッジングのガラス扉を開けた先に、お食事の場所がございます。[br] テーブル席は、お客様にお食事と会話を楽しんでいただけるように12席に厳選させていただきました。[br] [br] 皆様のご来店を心よりお待ちいたしております。
ご予約
アクセス
電車でのアクセス
JR千駄ヶ谷駅 徒歩4分 / [mbr]代々木駅 徒歩8分[br] 大江戸線国立競技場 徒歩5分[br] 副都心線北参道 徒歩4分
お車でのアクセス
首都高速中央環状線『外苑』 出口より2分
首都高速渋谷3号線『初台南』出口より10分
※専用駐車場はございませんので、近隣の駐車場をご利用ください。
※お車でお越しの際に、運転手へのアルコール類の提供はお断りさせていただきます。
住所
〒151-0051[br] 東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目19-12[mbr] モンパルテ北参道 B1
Googleマップで店内を見る
Facebook
Twitter
© Copyright 2015-2018 Le Verduier. All rights reserved.